ウイルス対策への安心感の違いで、再来店意思に4倍以上の差

ウィルス対策への意識

~外食店舗における新型コロナウイルス対策調査結果~

株式会社MS&Consulting(本社:東京都中央区、代表取締役社長:並木 昭憲)は、同社が提供する覆面調査「ミステリーショッピングリサーチ」によって、外食店舗における新型コロナウイルス対策への満足度を調査したと発表した。 その結果ウィルス対策に対して不安を感じる店舗は28.3%あり、非常に安心と答えた場合の再来店意思の満点獲得比率※は、不安と答えた場合の4.3倍に上るという結果が判明した。

緊急事態宣言が解除され、新型コロナウイルス対策への安心感が、お客様の再来店意思に大きく影響を及ぼすことが分かった。

調査期間:2020年5月8日~6月18日(N=318)
調査対象:外食212店舗
調査方法:弊社サービス 覆面調査「ミステリーショッピングリサーチ」

株式会社 MS&Consulting

URL:https://www.msandc.co.jp/